KALの気ままな車中泊&アートライフ

旅行好きですが、愛犬が一緒なので、車中泊がメイン。訪れる先々の自然の風景や、地場の食べ物、出会ったアートなど写真に収め、思いのままを記します。

【車中泊旅行】北海道へ⑧

こんにちは。

KALです。

少しブログをさぼりました。

今日は、北海道7日目、

最終日の話ですが、

今は、もう自宅に帰っています。

 

最終日は、朝から雨。

苫小牧まで、道の駅を巡りながら

ゆっくり移動します。

 

途中、伊達市にある道の駅

「だて歴史の杜」に立ち寄りました。

石垣がそびえ立つだて歴史の杜総合公園内に

位置し、伊達の個性ある歴史文化をアピール

する情報発信基地です。

f:id:KAL1002:20210617065806j:plain

 この地のいわれを紐解くと、

伊達政宗のいとこである、亘理伊達家

2代当主成実(しげざね)が現在の

宮城県亘理町一帯を領地として治めて

いましたが、時を経て、この亘理伊達家は

幕末に勃発した戊辰戦争に敗れ、領地を

没収され、新天地を北海道に求めました。

明治3年から段階的に総勢2,700人がこの地に

移住。

このときからこの地域には、伊達家がもたら

した武家文化が流入されたようです。

緊急事態宣言下でなければ、隣接する

だて歴史文化ミュージアムを見学した

かったです。

 

いよいよ、予定していた最後の立ち寄り先、

室蘭の地球岬です。

雨は、小降りになってはきましたが、

岬に近づくにしたがって、濃霧。

展望台には、私だけ様子見に。

ご覧のとおり、残念な結果でしたが、

一応、「来たよ」の証拠写真

f:id:KAL1002:20210617071537j:plain

晴れた日には、下北半島恵山岬を望み、

沖合では、クジラ・イルカウォッチング。

と、案内に書いてありました。

これまでの行程、天気に恵まれていたので、

良しとしなければなりませんね。

また、リベンジできればと思います。

 

一週間の北海道内を巡る旅、

あっという間でした。

そして、とても楽しい時間を過ごすことが

できました。

家族共々、大切な思い出が出来ました。

でも、北海道は大きいです。

まだまだ行きたいところは沢山あります。

また、来られる日を楽しみにしたい。

 

さて、苫小牧から大洗へ、フェリーの旅。

f:id:KAL1002:20210617072601j:plain



ゆっくり、温泉につかり、旅の思い出

話をしながら帰路につきました。

 

さて、次はどこを車中泊旅行しましょうか。

 

では、また。

 

【車中泊旅行】北海道へ⑦

こんにちは。

KALです。

北海道6日目を迎えました。

今日は、朝から曇り空。

積丹半島はどうだろうか。

心配しながらの出発です。

 

最初の場所は、「黄金岬」。

海は、霧のためよくみえず、

岬を遠目に見るだけ。

f:id:KAL1002:20210615061237j:plain

この辺りは、ソーラン節を含めた4つの

鰊場の作業歌が生まれた場所のようです。

f:id:KAL1002:20210615061303j:plain

 

続いて、積丹岬です。

ここは、駐車場から10分ほど坂道を上った

ところに灯台と展望台があります。

頑張って上りましたが・・・

こんな感じ。

f:id:KAL1002:20210615062045j:plain

女房の悲しげな後ろ姿。

f:id:KAL1002:20210615062131j:plain

 

そして、メインの神威岬へ。

今日はダメかな~。と思いつつも、

駐車場からの長い上り坂を歩き始めます。

ここは、駐車場から岬の先端まで、

アップダウンの道を通り、往復1時間

くらいの距離があります。

この岬は、「神」という字が付くとおり、

もともと女人禁制の岬だったようです。

f:id:KAL1002:20210615062821j:plain

この入り口まで、だらだら上り坂。

ここから先端まで整備された道を歩きます。

狭いので、戻ってくる人と譲り合いながら

歩きます。

少し歩いていくと、何と雲が少しだけ

切れてきました。

景色も、少しづつ見えるように

なってきました。

ラッキーです。

f:id:KAL1002:20210615063305j:plain

f:id:KAL1002:20210615063426j:plain

f:id:KAL1002:20210615063839j:plain

そして、先端にたどり着きました。

f:id:KAL1002:20210615063938j:plain

奥の岩の方向がハバロフスクです。

 

積丹半島は曇りではありましたが、

その中でも、何とかきれいな景色を

眺めることが出来ました。

満足です!

 

本日の宿泊地に向かって走っていると、

途中の道の駅「オスコイ!かもえない」に

流木アートが屋外展示されていました。

道都大学芸術学部デザイン科の学生が

作成した作品で、「共に」という

名前が付けられていました。

f:id:KAL1002:20210615065929j:plain

 

これまで6日間北海道内を巡ってきました。

旅も終盤です。

ここからは、苫小牧のフェリーポート

向かって、南下します。

 

今夜のお宿は、

道の駅「真狩フラワーセンター」です。

正面に、エゾ富士と呼ばれている羊蹄山

見られます。

f:id:KAL1002:20210615065039j:plain

 

明日は、室蘭経由で苫小牧です。

 

では。

【車中泊旅行】北海道へ⑥

こんにちは。

KALです。

北海道5日目は、小樽です。

今日は小樽散策だけ。

夕方早めに温泉につかり、

ゆっくりと休憩です。

朝8時過ぎに、

道の駅石狩「あいろーど厚田」を出発。

f:id:KAL1002:20210613173851j:plain

日本海の景色は、とてもキレイでした。

f:id:KAL1002:20210613174009j:plain

 

小樽には9時30分に到着。

コインランドリ―を利用している間、

女房と娘がまず、お目当てのお店巡り。

私と愛犬は車内で留守番です。

 

洗濯が終わる1時間後にあわせて、

二人が戻り、小樽運河近くの

駐車場に移動。

愛犬も一緒に散歩です。

f:id:KAL1002:20210613174707j:plain

f:id:KAL1002:20210613174756j:plain

日曜日ですが、人は少なかったですね。

f:id:KAL1002:20210613174855j:plain

 

今夜のお宿は、

道の駅「スペース・アップルよいち」。

この道の駅は、余市の国道229号沿いにあり、

余市宇宙記念館「スペース童夢」があり、

郷土出身で日本人初の科学者宇宙飛行士、

毛利 衛さんの業績を紹介しています。

残念ながら、現在は休館中。

f:id:KAL1002:20210613175350j:plain

f:id:KAL1002:20210613175419j:plain

 

駐車場は空いており、トイレのすぐ前に

駐車できました。

f:id:KAL1002:20210613175544j:plain

 

明日は、積丹半島に向かいます。

 

では。