KALの気ままな車中泊&アートライフ

旅行好きですが、愛犬が一緒なので、車中泊がメイン。訪れる先々の自然の風景や、地場の食べ物、出会ったアートなど写真に収め、思いのままを記します。

【車中泊旅行】新潟→長野~アートを楽しむ

こんにちは。KALです。

10月19日、今日は新潟から長野に向かう

ルートです。

今回の旅行の初日、2日目をご覧になって

いない方はコチラをどうぞ。

www.k-artlife1002.com

 昨日、キレイな夕日をみた道の駅

「越後出雲崎天領の里」で宿泊した

私たちは、朝7時前に出発。

新潟と言えばこの時期、「新米」。

朝一番で、南魚沼の道の駅に直行。

10月16日に精米した「新米」を購入。

しばらく、炊き立てのご飯が楽しみ。

 

続いて、楽しみにしていた「清津峡」へ。

清津峡渓谷トンネルです。

nakasato-kiyotsu.com

ここは、渓谷の景観をより楽しんでもらう

目的で、1996年にトンネル施設を作ったの

ですが、2018年に開催された、

「第七回大地の芸術祭 越後妻有アート

トリエンナーレ2018」で中国出身の建築家

マ・ヤンソンによって、アート作品

「Tunnel of Light」として改修されました。

今でも、多くの人たちが訪れ、その作品の

前で撮る写真は、インスタ映えすると評判。

10時に到着しましたが、平日にも拘わらず、

入り口に近い第1駐車場は、タイミングに

よっては満車で、歩いて10分くらいかかる

第2駐車場にも車が駐まっていました。

私たちは、幸いタイミングがよく、第1

駐車場に駐めることができ、ホッ!

ペットも、周りに迷惑をかけなければOK!

チケット800円/大人を払い、トンネル内へ、

なるほど!と思ったのは、トンネルの入り口に

「入口」ではなく「入坑口」となっていたこと。

目的のアート作品までは750mほど、20分くらい

歩きます。

暗いトンネル内を歩き、途中3か所、渓谷を望む

見晴所に寄りながら、目的地を目指します。

f:id:KAL1002:20201020181511j:plain

f:id:KAL1002:20201020181903j:plain

そして、いよいよ目的の最終地点である

アート作品に到着。

アート作品をお見せする前に、その作品の

向こうにひろがる峡谷を。

f:id:KAL1002:20201020182244j:plain

さて、アート作品です。

その作品の中に、私も「参加」しました。

f:id:KAL1002:20201020182527p:plain

f:id:KAL1002:20201020182549j:plain

いかがですか。自然の中に作られたアート。

でも「自然のアート」ですよね。

しばらく、この風景を眺めながら、余韻を

楽しみました。

 

「自然のアート」を満喫した後は、長野へ。

この季節ならでは、「リンゴ」の町、小布施へ。

上信越自動車道の小布施PA(ここは側道からも

入れる)には、多品種のリンゴが売られています。

午後になっていたので、あまり選ぶことは

出来ませんでしたが、買って帰ります。

 

さて、今日のもうひとつの「アート」。

小布施PAから8分くらいのところにある

葛飾北斎の作品が展示してある「北斎館」です。

hokusai-kan.com

北斎は、晩年83歳から88歳にかけて、

4度この小布施を訪れ、滞在しています。

画業70年の集大成をはかった特別な町と

言われています。

有名な「富嶽三十六景」の中から、

この日は、18作品展示されていました。

肉筆画も15作品展示されており、

見応えがある美術展でした。

私は美術館に行くと、その展示会で

気に入った3点の絵葉書を購入する

ことにしているのですが、この日は

該当の絵葉書は1枚しかなく、他に

気になっていた作品の2枚を購入しました。

 

今回の旅行は、夕日と峡谷という自然の

アートと、日本のアートを世界に広めた

北斎アートを楽しむ旅となりました。

 

さて、次はどんな旅が待っているでしょう?

 

では。

 

【車中泊旅行】新潟~日本海の夕陽をみたくて②

こんにちは。KALです。

10月18日、新潟旅行2日目です。

1日目をご覧になっていない方は、コチラをどうぞ。

www.k-artlife1002.com

 昨夜は、道の駅朝日で車中泊

この道の駅は、温泉が併設されており、

ゆっくり温泉を楽しむことが出来ました。

また、レストランが21時30分まで開いて

いるというのも魅力。

久しぶりに、愛犬を車に留守番させて、

妻と二人でレストランで食事しました。

 

今日は、朝7時過ぎに出発。関川村にある

荒川狭に向かいました。

まだ紅葉には2週間ほど早いのですが、

自然の空気と音を感じるには、まだ

人も少なく、私たちにはGoodです。

駐車場にはすでに車がいっぱいでした。

というのも、ここ荒川狭には別荘型

離れ個室の宿とキャンプ場があり、

そのお客さんの車です。

宿につながる吊り橋を渡りながら、

秋を少し感じました。

f:id:KAL1002:20201018202011j:plain

f:id:KAL1002:20201018202100j:plain

峡谷に面した、別荘型離れ宿。

「鷹の巣温泉 吊り橋と離れの宿 鷹の巣館」

f:id:KAL1002:20201018202139j:plain

 

次に向かった場所は、新潟で一番人気の道の駅

「新潟ふるさと村」

furusatomura.pref.niigata.jp

この施設は、何度訪れても飽きない、

家族で一日中楽しめる場所。

今日は、日曜日ということで、駐車場は満杯。

ただ、施設内(庭も含め)はペット同伴禁止!

仕方なく、私だけ花壇の花を観賞してきました。

f:id:KAL1002:20201018203621j:plain

f:id:KAL1002:20201018203710j:plain

f:id:KAL1002:20201018203741j:plain

f:id:KAL1002:20201018203817j:plain

大きなレンズを持ったカメラマン風の人も、

数多く訪れていました。作品作りにもいいかも

しれません。

 

さて、1日目の夕陽にがっかりした私たち。

次は、リベンジを目指し、もう一つの

「夕日スポット」へ向かいます。

目指す場所は、

道の駅「越後出雲崎天領の里」

この道の駅には、海に突き出た観光ブリッジ

「夕凪の橋」があり、この橋から眺める

夕日は世界一大きく見えると言われており、

そのロマンチックな景色も手伝ってか、

恋人たちの聖地にもなっているとか。

 

そんな橋からの「夕日」

今日は、皆さんにご覧いただけます!

f:id:KAL1002:20201018205615j:plain

f:id:KAL1002:20201018205641p:plain

f:id:KAL1002:20201018205710p:plain

沈む直前の鏡餅!?

f:id:KAL1002:20201018205832p:plain

 

今夜は気持ちよく寝られそうです。

さて、明日はどういう旅が待っているのでしょうか?

では。

 

【車中泊旅行】新潟~日本海の夕陽をみたくて①

こんにちは。KALです。

10月17日。

日本海の夕陽。

昨年、見に行く計画を立てていたのですが、

あの台風19号による、被害が大きく、断念。

今年リベンジです。

ただ、新潟県村上市にある笹川流れ海岸付近は

午前中雨で、午後曇りの予報。

期待しつつも、不安を抱えながら出発。

関越道を北上すると、やはり途中はずっと雨。

ところが新潟市に入り、村上市に近づくと

雨は上がり、海の方は晴れ間も。

これは、期待しちゃいますね。

ただ、時間はまだ12時。

夕陽までは、まだまだ時間があります。

途中、村上市の城下町を巡ります。

村上は新潟県下、有数の城下町で、今なお

城下町の四大要素である、城跡・武家屋敷・

町屋・寺町が残る、全国的にみても希少な

町といわれています。

そんな町の一角を散歩しました。

f:id:KAL1002:20201017195131j:plain

「安善小路」と呼ばれる、小町から寺町に抜ける小路。

浄土真宗大谷派の安善寺に由来するらしい。

f:id:KAL1002:20201017195442j:plain

村上は鮭が有名。ここは鮭料理屋さん。

このお店は、元禄二年六月に芭蕉曽良が、

奥の細道」行脚の途次、この村上城下に

二泊三日した折の宿「久左衛門」跡らしい。

f:id:KAL1002:20201017195930j:plain

このように、魚を泳がす塀があった。なかなかのアートだ。

 

さて、いよいよ、笹川流れへ。

途中、たっぷり休憩してから、日没予定時間である17時前に

現地スタンバイ。

場所は、道の駅「笹川流れ」の駐車場前。

夕陽方面には雲がかなり掛かっており、

雲の切れ間から斜光が差している。

何とか、少しでもいいから、顔を出してくれ!

そんな思いで、じっと・・・じっと・・・

その結果が、こんな感じでした。

f:id:KAL1002:20201017200810j:plain

f:id:KAL1002:20201017200841j:plain

 

なかなか、難しいものですね。

やっぱり、こういう写真は滞在型でじっくり勝負ですね。

 

明日は、峡谷を巡ってみようと思います。

 

では。